社長の想い

代表石川より~

私は子供の頃、エジソンの伝記を5、6歳の頃に読んでからあこがれていて、発明家になりたいと夢見てきました。 その後、研究(というより発明)をしたいと物理系、理系で大学院にまで行きました。

研究とは意外と制約が多く、自分で何かを決める事ができない不自由さを感じ始め、世の中にインパクトを与える「発明」の実現が見えないと感じてきたこともあり、どうも自分は研究者には向かないと思うようになりました。

 一方で、18歳から始めた株式投資、社会科学が面白くなり、外資金融で証券アナリストになりました。物理や研究もそうでしたが、株式投資でも原理的な物を大切にしたいと自分なりに研究し、のべ10銘柄程度の投資の内半数以上が4倍株、10倍株などを学生時代に見つけられたのが社会的な意味での初めての成功でした。

現在は不動産事業を営んでおりますが、この事業の中でも、根底は変わらず、他の会社と違うようなやり方を発明していきたい、創造していきたいという思いが強いです。 
例えば、今の事業に関することでは、以下のようなことをさらに広げ、新たなやり方を創造していきたいと思っています。

できるだけコストの構造や原則を意識し、工事金額によっては職人などを直接手配する。

工法も理解した上で施工発注を行う。

不動産業者だけでなく、土地、建物のオーナーから直接仕入れられるようになる。

当社が買う事で付加価値を付けられる。

そして、街を良くできる仕掛けを作りを発明していきたい思いです。
 不動産事業でも小さな発明やクリエイティブな事をし続けたいのです。

私自身は、完全に新規でなにか発想するというよりは、今あるものを改善する、他の人では見いだせないような価値を見出すといったことが得意だと思っていますが、そんな私と共に、私が今やりたいことを、ご一緒に形にできる人材を採用したいと、改めて強く思っております。

そのために、
「一人ひとりの才能が光り輝く職場環境を創り出す」

個々の個性が尊重され、自らの力を最大限に発揮できる環境を提供するように努め
アイデア、チャレンジ精神を歓迎します。

とはいえ、まだまだ目標へ向かって成長の真っ最中の小さな会社です。

「もっとこうすれば良いのではないか?」といった問題意識や改善提案も歓迎です。

「新しい挑戦やアイデアが行き交い、お互いを尊重しあえるコミュニケーションが活発な職場」をご一緒に作っていきませんか?

そのために、
「一人ひとりの才能が光り輝く職場環境を創り出す」

個々の個性が尊重され、自らの力を最大限に発揮できる環境を提供するように努め
アイデア、チャレンジ精神を歓迎します。

とはいえ、まだまだ目標へ向かって成長の真っ最中の小さな会社です。

「もっとこうすれば良いのではないか?」

といった問題意識や改善提案も歓迎です。

「新しい挑戦やアイデアが行き交い、お互いを尊重しあえるコミュニケーションが活発な職場」をご一緒に作っていきませんか?